深刻な場合に水道業者を使うことを考慮しておく

修理班

排水トラップが詰まってしまったら

排水トラップが詰まった場合は、以下の手順に従って解決することができます。ただし、状況によっては水道業者に相談することを検討してください。
水を流さない
詰まりがある場合、水を流すと逆流して水が溢れる可能性があるため、水を流さないようにしてください。
バケツやタライを用意する
トラップの下にバケツやタライを置きます。水が漏れることがあるため、水がこぼれないように注意してください。
トラップを解体する
トラップを解体することで詰まりを取り除くことができます。トラップの端にバケツを置き、トラップの部分を緩めて外します。注意:水が出ることがあるため、用意したバケツに水が入るようにしておくことが大切です。
詰まりを取り除く
トラップを外した後、トラップ内部や配管内部に詰まっているゴミや異物を取り除きます。竹串やワイヤーなどを使って、詰まりをほぐすことができます。
トラップを再取り付けする
詰まりが取り除かれたら、トラップを元の位置に戻し、しっかりと取り付けます。必要に応じてトラップ周りのゴムパッキンやジョイント部分を確認し、適切に調整してください。
水を流す
トラップを取り付けたら、水を少量ずつ流して詰まりが解消されているか確認します。問題なければ、通常通り水を流しても大丈夫です。

トラップを解体する際には、水がこぼれないようにバケツやタライを準備して、注意深く作業してください。また、自分で解決できない場合やトラブルが深刻な場合は、専門の業者に相談することをおすすめします。

洗面台で嘔吐した時にどこで詰まるのか?

洗面台で嘔吐した場合、詰まりが発生する可能性がある箇所は排水トラップや排水管です。洗面台の排水系統は、水や液体を排出するために設計されていますが、固形物や異物が流れ込むと詰まりが発生する可能性があります。主な詰まりの原因としては、以下のような要因が考えられます。
固形物や食べかす
嘔吐物中に食べかすや固形物が含まれている場合、これが排水トラップや排水管内で詰まりを引き起こす可能性があります。
油脂
嘔吐物に含まれる油脂が配管内で凝固し、詰まりを引き起こすことがあります。
異物
嘔吐物には異物が混ざっていることがあり、これが排水系統で詰まりを引き起こす可能性があります。
排水トラップの形状
洗面台の排水トラップの形状やサイズによっても、詰まりのリスクが変わることがあります。一部のトラップは細く、異物の通り道になりやすいことがあります。

嘔吐物が排水系統に流れ込んだ場合、詰まりが発生する前に可能な限り異物を取り除くことが重要です。しかし、詰まりが既に発生している場合は、前述の方法で詰まりを解消する試みを行うか、専門の業者に相談して解決策を検討することをおすすめします。

自分で解決することを考え対処する
洗面台での詰まりを自分で解決するためには、以下の手順を試してみてください。ただし、慎重に作業し、安全に注意しながら行ってください。

必要なものを用意する
・ラバーグローブや使い捨ての手袋
・ペーパータオルや雑巾
・トングや竹串、ワイヤー

1;排水トラップの解体
排水トラップは洗面台の下部にあります。まず、排水トラップ周辺をタオルなどで保護し、水がこぼれないようにします。
トラップの両端のジョイントをゆるめて、トラップを外します。トラップに水が残っている可能性があるため、用意したバケツやタライの下に置いておきます。
2;詰まり物を取り除く
排水トラップ内部や配管内部に固形物や異物が詰まっている場合、トングや竹串、ワイヤーなどを使用して詰まり物を取り除きます。
詰まり物を優しくほぐし、取り除くことで流れが改善される可能性があります。
3;排水トラップの再取り付け
詰まり物を取り除いたら、排水トラップを元の位置に戻し、ジョイントをしっかり締めます。パッキンやゴム部品に注意して取り付けてください。
4;水を流す
排水トラップを取り付けたら、水を少量ずつ流して詰まりが解消されているか確認します。問題なければ、通常通り水を流しても大丈夫です。

自己解決が難しい場合や、トラブルが継続する場合は、専門の業者に相談することを検討してください。安全に作業するためには、適切な保護具を着用し、水をこぼさないように周囲を保護することが重要です。


修理完了までのロードマップ


水まわり総合サポート
copyright©2019 修理班 all rights reserved.